国際文化交流コース・科の入学式・始業式の延期について(緊急告知)

離島留学生保護者 様

 学校再開に関して、対馬高校及び県教育委員会、対馬市、対馬保健所、対馬市医師会、対馬病院、学校医で協議を行った結果、県知事の指示により、離島留学生につきましては、寮・下宿で2週間の健康観察を行った後、4/20に入学式・始業式を行うことになりました。

 これまで入学や学校再開を楽しみにしてこられた生徒・保護者の皆様におかれましては大変ご迷惑とご心配をおかけします。また、この連絡が帰島・来島の前日になったことをお詫び申し上げます。

 2週間の寮・下宿における待機措置につきましては、離島留学生が感染の疑いのない状態で学校生活を開始(再開)させることを考慮するとともに、預けて頂いたお子様を謂れのない誹謗中傷等から守るために、様々な角度から協議した結果であります。

 待機期間中の対応につきましては、①寮については2人部屋のところを1人部屋にし、感染防止に努めます。②ただし、2週間の待機期間中は原則として他者との接触は控えるよう県及び医療機関から指導があったため、外出や他室訪問等はできません。その代替策として、③ネット環境を整備し、遠隔授業や添削授業等で学習機会を確保すること。また、④時間を設定して運動等を行わせることなどの学習支援と生活支援を考えています。加えて、⑤本校職員または専門家によるカウンセリング等についても配慮いたします。

 今回の措置に関する指示が、今晩(4/6)であったため、配慮が行き届かない可能性がありますが、医療機関や関係機関と連携しながら、十分なケアに努めて参ります。

 教職員も、誠心誠意対応し、この2週間を生徒と共に乗り越えていく所存ですので、何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

 なお、毎日検温を行いますので、体温計を持参させていただきますよう重ねてお願い申し上げます。