ユネスコスクール・科学部と諫早農業高校との遠隔交流

10月29日(木)の放課後、ユネスコスクール・科学部が諫早農業高校バイオ園芸科・生物工学部の皆さんと遠隔交流を行いました。

ユネスコスクール・科学部では、今年度、対馬の固有植物である「オウゴンオニユリ」の栽培に挑戦することにしました。諫早農業高校では、対馬市と連携して「オウゴンオニユリ」の球根から培養増殖する技術を確立させ、種の保存に取り組んでいます。この日はTeamsを用いて交流を行い、互いの部活動で取り組んでいる内容の紹介や、「オウゴンオニユリ」の育て方を習いました。11月中には、培養増殖した球根を対馬高校へ送っていただき、実際に「オウゴンオニユリ」を育てていきます。今後も定期的に交流を行っていく予定です。